個人年金保険控除はどんなもの?

 

会社員の方なら生命保険や個人年金が年末調整で控除されるので、解説していきます。
控除対象となるのは生命保険料と損保の部類に入る地震保険料も控除の対象になります。
今回は生命保険についてみていきましょう。

 

生命保険料の控除の中に
・一般の生命保険料
・介護医療保険料
・個人年金保険料

 

の3種の保険料が控除されます。

 

以前は、一般の生命保険料と個人年金保険料の2種類が控除対象でしたが介護医療保険料も控除対象となり、種類が3種類と増えました。

 

 

保険料を払っていると、10月あたりから書面で、保険会社から年末調整時に使用する証明書が届きます。
そこには、申告できる金額が書いてありますので、証明書類の金額に従って記入していきます。

 

 

注意として、金額には、2種類あり、書面作成時で払い込んだ金額と、年末まで払い込んでいるであろう金額あがありますので、年末まで支払ったかたは、年末まで払い込んでいるであろう金額を記入します。

 

 

又、その書面には「旧」保険か、「新」保険かの記述もありますので、確認してみてください。

 

年末調整の記入用紙には、「旧」タイプ「新」タイプでは記入するべき場所が違います、
自分の入っている保険が「旧」「新」分けて記入していきます。

 

 

保険料控除申告書には、自分が契約者である保険の保険料を申告します。

 

・保険会社の名称
・保険等の種類
・保険期間又は年金支払い期間
・保険等の契約者の氏名
・保険金等の受取人 氏名と続柄
・新・旧の区分
・あなたが本年中に支払った保険料の金額

 

保険会社から届いた年末調整用の証明書に記載していますので、それぞれ埋めていきます。

 

 

 

個人年金も生命保険料としてカウントされますので、生命保険料控除計算式に当てはめて計算していきます。

 

 

<新>タイプの保険の計算式
・20,000円以下  そのままの金額になります
・20,001円〜40,000円まで 金額×1/2+10,000円の金額になります
 (30,000円だった場合は、1/2の15,000円に10,000円を足した金額→25,000円になります)
・40,001円〜80,000円までは、金額×1/4+20,000円の金額になります
 (60,000円だった場合は、1/4の15,000に20,000円を足した金額→35,000円です)
・80,001円以上は、一律に40,000円になります。

 

 

<旧>タイプの保険の計算式
・25,000円以下 そのままの金額になります
・25,001円〜50,000円まで 金額×1/2+12,500円の金額になります
 (30,000円だった場合は、1/2の15,000円に12,500円を足した金額→27,500円になります)
・50,001円〜100,000円までは、金額×1/4+25,000円の金額になります
 (60,000円だった場合は、1/4の15,000円に25,000円を足した金額→40,000円です)
・100,000円以上は、一律に50,000円になります。

 

 

上記が保険料に対する控除額の計算方法です。
保険料ですから、一般生命保険や介護保険、個人年金を合わせていきます。

 

一般生命保険でも、新タイプ、旧タイプを分けて考えますし介護保険でも、新タイプ、旧タイプを分けえ考えます、そして、個人年金でも新タイプ、旧タイプを分けて、計算していきますが、いくつも保険を入っている人は、合わせて計算してください。

 

新タイプでは最高で40,000円、旧タイプでは最高で50,000円です。

 

3種類の保険に入っている場合は、3つの合計を出します。

 

 

例えば、

 

一般生命保険で、旧タイプ 最高で50,000円
介護保険で、新タイプ、最高で40,000円
個人年金で、旧タイプ、40,000円に

 

50,000円+40,000円+40,000円→130,000円
3種類の保険料控除額を足すと130,000円です。
しかし、3種類の保険料控除額の最高は120,000円と言う規定がありますから
その年の、生命保険料の控除額は120,000円になります。

 

 

3種類とも、それぞれ、新タイプで最高40,000円、旧タイプで最高50,000円と言う規定がありますからバランスよく保険に入る事が、保険料控除を最大に受けるコツになりますね。

 

個人年金でも保険の保証部分がありますから、一般生命保険だけに頼らずにバランスよく保証金額を考えて保険に入る事が良いのです。