個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の給付は3種類

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)は、公的年金よりも早く60歳から給付を受け取る事ができます。

 

60歳から受け取る給付は老齢給付金ですが、その他にも障害給付金、死亡一時金があり病気や万一加入者が亡くなってしまった場合は、死亡一時金として遺族が受け取れます。

 

老齢給付金

<受け取り方>
年金型・・・5〜20年で受け取ります
一時金・・・退職所得として受け取ります

 

障害給付金(疾病で障害状態になった場合)

<受け取り方>
年金型・・・60歳前でも受け取れます
一時金・・・60歳前でも受け取れます

 

死亡一時金(加入者が亡くなった時)

<受け取り方>
一時金・・・みなし相続財産として遺族が受け取れます

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の受け取り(給付)で一番多いのは、運用してきたお金を自分の老後資金として受け取る事で「老齢給付金」です。

 

それ以外にも加入者が障害状態になった時に「障害給付金」として年金か、一時金として受け取ることもできます。
障害給付金は所得とみなされないために非課税です。

 

 

老齢給付金を受け取る場合、受取の開始時期は60歳から70歳になるまでの好きな時期を選ぶ事ができます。
70歳になっても受け取らないと、強制的に一時金として支給されてしまうので、年金で受け取りたい場合は70歳よりも前に年金給付の手続きをする必要があります。

 

60歳になった時点で通算加入者等期間が10年以上あれば60歳から老齢給付金を受け取る事が可能です。

通算加入者等期間とは?

通算加入者等期間とは、

 

1.個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入していた期間及び、運用指図者であった期間

 

2.60歳までの間に企業型確定拠出年金(企業型DC)に加入していた期間及び、運用指図者であった期間

 

3.企業年金や退職一時金などから個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に移換があった場合、その移換対象となった期間

 

これらを合計した期間を通算加入者等期間と言います。

 

ただし、この通算加入者等期間が10年に満たない場合は受け取り開始年齢は61歳以降になります。

 

 

<受け取り方は>
・年金型
・一時金
・年金型と一時金の併用

 

いずれかから選べます。

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の受け取り年齢60歳からが厳格化

2017年1月の法改正により、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の受け取り開始年齢60歳からがより厳格化しました。

 

以前は基本60歳以降の受け取りでしたが、一定の条件をもってそれ以前でも受け取る事ができました。

 

脱退一時金がそうです、しかし今回の法改正で誰でも個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入できるようになった代わりに、脱退一時金をもらえる要件がとても厳しくなりました。

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)は、通常の財テクと違い目的は老後資金形成です、
60歳まではお金は引き出せないのだと理解したうえで加入する事が大事です。

 

何十年も掛けている間に、かなり溜まってきたので使いたいとか、生活が厳しくなってきたので解約して使いたいと思う事も可能性として0ではありません。

 

しかし、途中で解約して使ってしまっては意味がありません。
個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)は、60以降の老後資金です、掛け金の支払いが止まってしまわないように、掛け金が変更できますから、厳しくなっても月に5000円は払えるように我慢して、本当に必要な老後に備えるという意識を持つようにしましょう。

 

逆に60歳以降からしかもらえないというシステムであるからこそ、老後資金が溜まるありがたいシステムなのかも知れません。

 

 

<掛けた期間と受け取り開始年齢>

 

・10年以上・・・60歳〜70歳までの間で選べる

 

・8年〜10年未満・・・61歳〜70歳までの間で選べる

 

・6年〜8年未満・・・62歳〜70歳までの間で選べる

 

・4年〜6年未満・・・63歳〜70歳までの間で選べる

 

・2年〜4年未満・・・64歳〜70歳までの間で選べる

 

・1カ月〜2年未満・・・65歳〜70歳までの間で選べる

 

※70歳までに手続きをしないと強制的に70歳で一時金として支払われる。