個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入できる人は?

 

2017年1月から個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入できる人が変更になったのでチェックしておきたいですね。

 

以前
自営業、フリーランス、企業年金制度のない企業の会社員 だけでした

 

    ↓

 

改正後
公務員、専業主婦、企業年金制度のある会社員を含めた、60歳未満の人はほぼ誰でも加入できます。
(国民年金保険の保険料を納めている事が条件)

 

 

法改正後には、国民年金被保険者第1号、第2号、第3号どの属性の方でも加入できるようになったのが特徴です。

 

確定拠出年金は公的年金に上乗せする年金と言う位置づけであるため、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入できるのは国民年金の保険料を納めていることが条件になります。
国民年金保険料を滞納していたり、免除を受けていたりする人は利用できません。
逆に国民年金保険料を納めている人であれば学生さんでも無職の人でも加入できるのです。
個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入した後に国民年金の保険料を滞納すれば、
個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の掛け金を支払うことができず(受け取ってもらえません)
それに伴う手数料を支払わなければならなくなります。

 

 

国民年金は、65歳からもらえる年金ですが、65歳からもらえる給付は老齢基礎年金と呼ばれる部分で、実はそれ以外にも病気や事故で障害を負った時に支給される障害基礎年金や、加入者が死亡した時に遺族に支給される遺族基礎年金というものがあります。

 

年齢だけではないセーフティーネットの部分も兼ね備えていますので、是非掛け金を支払っておきましょう。

 

 

企業年金や企業型確定拠出年金がない会社員は

確定給付企業年金や厚生年金基金(1社又は複数の会社で設立した厚生年金基金)、企業型確定拠出年金制度がない会社に勤めている会社員になります。
これらの会社員で60歳未満の方は、法改正以前から個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入できる対象者でした。
中小企業や新興企業に勤めている人が主です。
中小企業退職金共済は企業年金制度に含まれませんので、厚生年金と中小企業共済だけに加入している方も以前から個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)加入の対象者でした。

 

 

 

企業型確定拠出年金に加入している会社員は

企業型確定拠出年金に加入している会社員は、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入する、しないの判断が個人で、できないので注意が必要です。
企業型確定拠出年金に加入している会社に勤めている会社員の方が個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入するためには、会社が従来の企業型確定拠出年金の規約を変更する必要があるからです。

 

企業型確定拠出年金加入者が個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)加入者になれるようマッチング拠出不可の状態を企業型確定拠出年金の掛け金の上限を引き下げるというものです。

 

しかし、個人の為に会社側が掛け金の上限を引き下げる事は考えづらいので、企業型確定拠出年金に加入している会社員は、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入する事は稀な例となりそうです。

 

又、企業型確定拠出年金の掛け金の上限を引き下げる規約を変更するためには、事業主と労働組合、組合が無い場合は過半数を代表とする者との合意が必要になります。

 

会社側が企業型確定拠出年金に加入している場合でも、契約社員やパートなどで企業型確定拠出年金に加入していない場合は、
企業型確定拠出年金に加入している訳ではありませんので個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入する事ができます。
契約社員やパートなどで公的年金だけしか加入していない場合は、会社側が企業型確定拠出年金に加入しても加入できるという事です。

 

 

 

勤務先に確定給付型の企業年金がある会社員は

勤務先の企業年金が確定給付金だけという場合は、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入する事ができます。
(確定給付型の企業年金とは確定給付企業年金や厚生年金基金などがあります)

 

 

 

公務員は

公務員は、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に問題なく加入することができます。

 

 

 

専業主婦(主夫)、国民年金第3号の被保険者は

専業主婦(主夫)、国民年金第3号の被保険者は、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に問題なく加入することができます。

 

 

掛け金が払えなくなった人も加入者に戻れる

 

2017年1月の法改正で、掛け金が払えなくなってしまい「運用指図者」となってしまった人も
再び個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入者に戻れることとなりました。

 

 

どういう事かといいますと
転職や結婚して専業主婦になった人

 

元々、個人型確定拠出年金加入者だたり、会社が企業型確定拠出年金に加入していて自分も企業型確定拠出年金加入者だった人が転職や結婚して専業主婦になった場合、個人型確定拠出年金の加入者から外れ、今まで掛けていた掛け金を運用するのみでした(運用指図者)

 

しかし、2017年1月の法改正で再び個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入者に戻れる事となったのです。

 

「運用指図者」となってしまうと、今まで掛けていた掛け金を運用するだけに加え口座を維持するために手数料を引かれているのが現状だったのです。