個人型確定拠出年金「iDeCo」とは?

 

確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)には、個人型と企業型がありますが、今回は「個人型」の確定拠出年「iDeCo」(イデコ)について解説していきます。

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)は、節税ができ、且つ、老後資金を準備できる制度の事を言いますので活用しない手はないですね。

 

簡単に言ってしまえば、自分でお金を出して、預金・投資信託などで運用し、60歳以降にお金を受け取り老後資金とするのですが国の法律で定められた制度ですから、安心して活用するべきです。

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)は、とても魅力のある制度ですから、しっかり運用して、老後資金を確実に確保致しましょう。

 

<個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)のポイント>
・運用益が非課税になる
・所得税・住民税が安くなる
・60歳未満の人は原則誰でも加入できるようになった(2017年1月より)
(以前は、自営業・企業年金のない会社に勤めている会社員だけが入れる制度でした)

 

<個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の注意する点とは>
・税制的なメリットと注意点
・金融機関の選び方
・金融機関の活用法

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の概要をはじめ、メリット・注意点、金融機関の選び方や活用法なども理解できるように解説していますので、是非、読み進めていき理解を深めていただき、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)のお得な税制メリットを賢く使って安心な老後を迎えていただきたいと思います。

 

先ずは知っておこう、公的年金の受取りタイプ3種類

公的年金加入者、第1号、第2号、第3号とは?
個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)を知る前に、自分は公的年金制度の加入者の中でもどの分類に入るのか知っているでしょうか?

 

・第1号被保険者

 

 20歳〜60歳未満の
 自営業者とその家族
 学生

 

・第2号被保険者

 

 会社員、公務員など厚生年金加入者

 

・第3号被保険者

 

 第2号被保険者に扶養されている
 20歳〜60歳未満の配偶者

 

 

今回2017年1月より、以前では、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に入る事の出来なかった
第3号被保険者も入る事ができるようになりましたし、公務員でも企業年金がある会社員でも、誰でも入れるようになりました。

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)は、第3層目の年金と呼ばれています。

 

第1層目--公的年金
 国民年金(老齢基礎年金)
 厚生年金(老齢厚生年金)

 

 

第2層目--企業からの給付
 退職一時金
 確定給付企業年金
 企業型確定拠出年金  など

 

 

第3層目--自己で用意する
 国民年金の上乗せ
 個人年金保険
 預金
 個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ) など

 

第1層目、第2層目は、自分ではどうにもならないので、第3層目の自己資金で用意する老後資金が大切になります。
特に、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)は、税制上お得になるので、是非活用したい制度になります。