個人年金保険の種類

 

公的年金だけでは不十分であると感じる人は年々増えていく一方で、個人年金を自分で用意する人は増えています。
しかし、どんな個人年金保険があるのか、そして自分にはどんな個人年金保険が合うのかが重要になってくるのです。

 

色々な種類の年金がありますから、順に見ていってみましょう。

 

<給付の違いによる種類>

 

保証期間付終身年金

 生きている限り一生涯年金が支給される年金保険です。年金の保証期間では生死にかかわりなく年金が支給されるため、受取人が年金、またはその分の一時金を受け取ることになります。保証期間後は本人が生きている限り年金が支給される年金保険になります。

 

確定年金

 年金支給の期間が限定された年金保険です。例えば10年、15年など年金支給期間があらかじめ決まっていて、保証期間に万が一被保険者が死亡した場合は、受取人が残りの年金または一時金を受け取る年金保険になります。

 

 

保証期間付有期年金

 年金支給期間に2種類のタイプが混合したタイプで、一定期間確定している部分では、被保険者が生死に関係なく年金が支給され、その後の 一定期間では、被保険者が生きている限り年金が支給されるタイプの年金保険です。
年金支給期間が決められている時期に被保険者が死亡した場合は、受取人が残りの年金分または一時金が支払われます。

 

 

夫婦年金

夫婦で加入する年金保険なのですが、生きている限り年金が支給されるタイプで、どちらかが死亡しても、二人が死亡しない限りずっと年金が支給されるタイプです。

 

 

変額年金

年金支給の金額が確定しているわけでは無く、運用実績により年金支給金額が決まる年金です。
株式投資などで支払われた年金保険金を運用し運用実績が良ければ、定額年金よりも高い年金が支給されますし、運用実績が悪ければ、確定年金より低い年金になってしまう変動型の年金です。

 

 

外貨建て年金

外貨で年金が運用される保険です。年金支給額は決まっていますので、受取時の為替の状態で円での運用の方が良かった、と思うか、ドル建ての年金で良かったと思うのか、その時になってみなければ分かりません。
受取時はドルから円に換金してもうらう形になります。