公的年金の種類と位置づけ

 

公的年金は、国民年金、厚生年金、共済年金(廃止)などがあり、職業などで入れる年金が変わってくるのが
今の日本の年金制度です。

 

 

国民年金

国民年金は、公的年金の1階層目とされていて公的年金の基礎と言ってもいいでしょう。
誰でも加入できるのが特徴で、特に自営業者や専業主婦の方も入れる公的年金です。

 

 

厚生年金

厚生年金は会社員、公務員が入る公的年金ですが、1階層目には国民年金があり、2階層目として厚生年金に加入しています。

 

 

共済年金(廃止)

共済年金は公務員が入る公的年金でした、1階層目には国民年金があり、2階層目として共済年金に加入していました、
しかし平成27年10月からは会社員と同じ厚生年金に加入することになりました。
共済年金の他に職域加算が給付されていましたが、こちらも廃止され年金払い退職給付と形を変えた給付になりました。
ただし年金払い退職給付は、職域加算のように支払い金がない訳ではなく、別途支払いの形になります。

 

公的年金の種類と位置づけまとめ

公的年金の種類としては、現在2種類で「国民年金」と「厚生年金」があります。
1階層目・・・国民年金
2階層目・・・厚生年金

 

 

厚生年金に加入の方は、同時に国民年金にも加入していますので、1層目、2層目の2階層の年金に加入していることになります。

 

 

自営業者や専業主婦は、国民年金のみというケースが多いので、プラス個人年金に加入しておくことで将来安心できます。

公的年金でいくらもらえるの?年金額の目安

国民年金、厚生年金について、将来どのくらい貰えるのでしょうか、計算方法や目安の金額を提示してみました。
年金を加入していた期間や金額などによっても将来もらえる年金が違ってきますので、ここではある程度の例をとって表示したいと思います。

 

国民年金

国民年金の老後年金としてもらえる金額は「老齢基礎年金」と呼ばれ、20歳〜60歳まで加入し日本に住所がある人は
全て加入できます。ちなみに一律の掛け金で一律の給付となっています。(満期かけていなければもらえる金額は少なくなります)
国民年金は、20歳〜60歳までの40年間を満期として考えますので、40年間かけていれば満額の年間約80万円が受け取れますが40年かけていなければ少なくなります。

 

計算方法としては
800,000円(満額)×保険料支払月数÷480
となります。

 

例えば
40年、満期かけ続けた人の場合
800,000円×480ヶ月÷480=800,00円(年額)

 

30年かけた人
800,000円×360ヶ月÷480=600,000円(年額)

 

実際、満額80万円で計算していますが、実際現在の満額は780,100円です。
また変動により満額金額は変化します、その時の満額金額で計算してください。
年金支払い免除のケースもありますので、上記の計算式に当てはまらない人もいますのであくまでも目安としてください。

 

 

厚生年金

厚生年金の支給額は国民年金より算出方法が複雑です。
算出方法が複雑な上に、平成15年3月で計算方法が変更になりました。

 

ですので、平成15年3月までの計算方法と平成15年4月からの計算方法が異なってしまいます。
平成15年3月までと平成15年4月からとまたがっている人は、2つの計算方法でそれぞれ算出しなければなりません。

 

平成15年3月までの計算方法では、ボーナスを含めない月収の平均で算出していたものが
平成15年4月以降ではボーナスを含めた金額で平均月収を使い算出していきます。
厚生年金は、年金の支払い分は、企業側と折半で支払っていきますので、個人の支払い金額は支払い金額は半分と考えます。

 

計算式としては
平均給与 × 一定乗率 × 支払期間
です。

    ↓

平成15年3月まででは
平均月収(ボーナス入れない) × 一定乗率 × 支払期間
               (7.5/1000)

 

平成15年4月まででは
年収÷12(ボーナス含める) × 一定乗率 × 支払期間
                (5.769/1000)

 

となります。

 

平成15年3月までの金額と平成15年4月以降の金額をそれぞれ出します。
(公的年金は物価スライド形式です。)

 

 

 

 


◎平成15年3月までの場合

 

月給(平均)30万円で厚生年金を30年かけた場合
支給額→年額810,000円(81万円)

 

 

 

月給(平均)30万円で厚生年金を40年かけた場合
受給額→年額1,080,000円(1百8万円)

 

 


◎平成15年4月以降の場合

 

月給(年収÷12)30万円で30年かけた場合
受給額→年額624,000円(62万4千円)

 

 

 

月給(年収÷12)30万円で40年かけた場合
受給額→年額831,000円(83万1千円)

 

上記支給金額はあくまでも目安になります。

 

 

 

 

厚生年金に加入している場合は、必ず国民年金に加入していますので、国民年金と厚生年金をプラスした金額が、実際の受給金額になります。

 

例)月収30万円で30年間かけた場合

 

年受給額 国民年金  600,000円
     厚生年金  624,000円(平成15年4月以降)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
     合計   1,224,000円

 

 

年額1,224,000ですと、月々102,000円となります。

 

 

例)月収30万円で40年間かけた場合

 

年受給額 国民年金  800,000円
     厚生年金  831,000円(平成15年4月以降)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
     合計   1,631,000円

 

 

年額1,631,000ですと、月々135,916円となります。

 

厚生年金については平成15年4月以降のみで試算していますので、参考程度に考えてください。

公的年金の支給開始時期

60歳から開始されていた公的年金ですが、現在では65歳からの支給となります。

 

国民年金では「老齢基礎年金」
厚生年金では「老齢厚生年金」
が、65歳から支給されます。

 

60歳から65歳までの間には特別支給の年金が支払われるのですが、生まれ年月日により支払われる時期が変わってきます。
特別支給の年金は「報酬比例部分」と「定額部分」があります。

 

 

 

<生まれ年と支給される年金の種類>

 

男性 昭和16年4月1日以前生まれの方
女性 昭和21年4月1日以前生まれの方
 

60歳

61歳

62歳

63歳

64歳

65歳以上

老齢厚生年金・報酬比例部分

老齢厚生年金
老齢厚生年金・定額部分

老齢基礎年金
老齢厚生年金・加給年金

 

 

 

男性 昭和16年4月2日〜昭和18年4月1日
女性 昭和21年4月2日〜昭和23年4月1日
 

60歳

61歳

62歳

63歳

64歳

65歳以上

老齢厚生年金・報酬比例部分

老齢厚生年金
老齢厚生年金・定額部分

×

老齢基礎年金
老齢厚生年金・加給年金

×

 

 

 

男性 昭和18年4月2日〜昭和20年4月1日
女性 昭和23年4月2日〜昭和25年4月1日
 

60歳

61歳

62歳

63歳

64歳

65歳以上

老齢厚生年金・報酬比例部分

老齢厚生年金
老齢厚生年金・定額部分

×

×

老齢基礎年金
老齢厚生年金・加給年金

×

×

 

 

 

男性 昭和20年4月2日〜昭和22年4月1日
女性 昭和25年4月2日〜昭和27年4月1日
 

60歳

61歳

62歳

63歳

64歳

65歳以上

老齢厚生年金・報酬比例部分

老齢厚生年金
老齢厚生年金・定額部分

×

×

×

老齢基礎年金
老齢厚生年金・加給年金

×

×

×

 

 

 

男性 昭和22年4月2日〜昭和24年4月1日
女性 昭和27年4月2日〜昭和29年4月1日
 

60歳

61歳

62歳

63歳

64歳

65歳以上

老齢厚生年金・報酬比例部分

老齢厚生年金
老齢厚生年金・定額部分

×

×

×

×

老齢基礎年金
老齢厚生年金・加給年金

×

×

×

×

 

 

 

男性 昭和24年4月2日〜昭和28年4月1日
女性 昭和29年4月2日〜昭和33年4月1日
 

60歳

61歳

62歳

63歳

64歳

65歳以上

老齢厚生年金・報酬比例部分

老齢厚生年金
老齢厚生年金・定額部分

×

×

×

×

×

老齢基礎年金
老齢厚生年金・加給年金

×

×

×

×

×

 

 

 

男性 昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日
女性 昭和33年4月2日〜昭和35年4月1日
 

60歳

61歳

62歳

63歳

64歳

65歳以上

老齢厚生年金・報酬比例部分

×

老齢厚生年金
老齢厚生年金・定額部分

×

×

×

×

×

老齢基礎年金
老齢厚生年金・加給年金

×

×

×

×

×

 

 

 

男性 昭和30年4月2日〜昭和32年4月1日
女性 昭和35年4月2日〜昭和37年4月1日
 

60歳

61歳

62歳

63歳

64歳

65歳以上

老齢厚生年金・報酬比例部分

×

×

老齢厚生年金
老齢厚生年金・定額部分

×

×

×

×

×

老齢基礎年金
老齢厚生年金・加給年金

×

×

×

×

×

 

 

 

男性 昭和32年4月2日〜昭和34年4月1日
女性 昭和37年4月2日〜昭和39年4月1日
 

60歳

61歳

62歳

63歳

64歳

65歳以上

老齢厚生年金・報酬比例部分

×

×

×

老齢厚生年金
老齢厚生年金・定額部分

×

×

×

×

×

老齢基礎年金
老齢厚生年金・加給年金

×

×

×

×

×

 

 

 

男性 昭和34年4月2日〜昭和36年4月1日
女性 昭和39年4月2日〜昭和41年4月1日
 

60歳

61歳

62歳

63歳

64歳

65歳以上

老齢厚生年金・報酬比例部分

×

×

×

×

老齢厚生年金
老齢厚生年金・定額部分

×

×

×

×

×

老齢基礎年金
老齢厚生年金・加給年金

×

×

×

×

×

 

 

 

男性 昭和36年4月2日以降生まれ
女性 昭和41年4月2日以降生まれ
 

60歳

61歳

62歳

63歳

64歳

65歳以上

老齢厚生年金・報酬比例部分

×

×

×

×

×

老齢厚生年金
老齢厚生年金・定額部分

×

×

×

×

×

老齢基礎年金
老齢厚生年金・加給年金

×

×

×

×

×