個人年金保険とiDeco(イデコ)を徹底ガイド

 

2017年1月から自営業の人や勤務先に企業年金のない会社員しか加入できなかった個人型確定拠出年金(iDeco)が原則60歳未満の方なら誰でも加入することでできるようになりました。

 

そこで、公的年金のサポート役として人気の個人年金と2017年から制度が変わったiDecoを詳しく解説しています。
個人年金なら独身・既婚者や職業などで加入してお得な個人年金やも違っていきますし、iDecoなら取り扱っている金融機関で手数料や商品の特徴も変わってきます。

 

まず、個人年金とiDecoがどんなものなのかを知ることから初めてみましょう。どんな種類があるのか、加入から受け取りまでの流れなど基本的な知識を学んでいきましょう。

個人年金保険とは

 

老後の生活費の為に、日本では年金制度が確立しています。

1階層として「国民年金」
2階層として「厚生年金」や「共済年金」
3階層として「企業年金」や年金基金の上乗せなどがありますが、4階層としてもっと手厚く給付が欲しい人の為に保険会社が販売している「個人年金保険」があります。

 

自営業などの方は「国民年金」のみと言う方も多いので、別途で「個人年金保険」に入って老後に備えるのも安心ですね。

 

又、会社員の方でも公的年金の支給開始時期が70歳時代を迎える事も懸念され、定年退職後と公的年金支給開始時期までの収入空白期間を埋めるために個人年金保険を充当するのも賢明です。

 

個人年金保険と言っても、積み立て貯蓄としての意味合いが強い保険で、私的年金です。
もちろん死亡保証もありますが、怪我や病気での保証は特約で付ける事ができます。

 

公的年金と違いライフスタイルに合わせて自分で決め加入することができるので、多く掛けておく事もできますし、あくまでも公的年金支給開始までの繋ぎとして掛けておくこともできます。

 

年金保険の満期時の受け取り方も種類があり、一括でも月々の受け取りなどバリエーションも充実しているので自分のライフスタイルに合わせる事ができます。

 

個人年金保険は、生命保険や損保保険と同様、年末調整時に申告すれば税金対策の一部になりますので税金対策として活用してもいいでしょう。

iDeCo(イデコ)とは

iDeCoとは利益、利息に税金がかからず、iDeCoで得た利益は所得税と住民税の課税対象から外れたとってもお得な積立投資のひとつです。

 

老後の資金は年金だけではどうも不安だなと思っている人で貯蓄を考えている20代や30代の方がいれば、iDeCoを始めるよいきっかけになりますよ。

 

税金が掛からないという最大のメリットがありますがその変わりに条件がいくつかあります。

 

それが、積立金には上限があることと利益の受け取りが原則60歳以上となっていることです。

 

所得税と住民税は人によって年収や控除額に差がありますが、一般的には額面状の10%程度が天引きされていますが、この天引きされていた税金分を投資に回せて、老後の資金になるとしたらとってもお得なのがわかると思います。

 

iDeCoは長期運用が特徴の一つで、受け取り時期になって運用益がトントンでゼロに近くなったとしても支払わなければいけない税金を運用に充てられるのでやっただけでもお得になるのです。

 

また、iDeCoは2017年1月から主婦や公務員、企業年金加入者の人も加入でき基本は60歳までなら誰でも加入できるようになったこともおすすめポイントです。

個人年金保険とiDeCoどちらがお得か?

節税がよりできるのはどちらかという点で比較するとiDeCoは所得税・住民税の優遇と株と同じように運用益にも非課税というメリットがあります。
また、60歳に一時金を受け取ると退職所得控除の対象になり3重で節税することができます。

 

個人年金保険はiDeCoと違い、契約時に給付額を保証されたものや終身型、確定型などタイプが多数あるので老後のプランが立てやすいのもメリットです。
節税の面では裁判の判決で二重課税がなくなったのも大きいですし、相続税の生命保険非課税控除枠も活用できるのもポイントです。

 

個人年金保険とiDeCoのデメリットは?

個人年金保険は元本が保証されている商品が多いですが、デメリットというと生命保険や預金と同じでインフレに弱いというデメリットがあります。
また、払込期間に毎月一定の出費があるので契約時に家計の負担にならない掛け金で契約することが大切です。
途中解約をしてしまうと解約返戻金は支払った保険料よりも少なくなることもデメリットのひとつでしょう。

 

iDeCoのデメリットは毎月管理手数料が取られてしまうことです。
取り扱う金融機関が増えたこともあり、管理手数料も商品によってばらつきがあります。